メッセージ

教授からのメッセージ

整形外科医を目指す君たちへ

 整形外科は,疾患の種類や病者の年齢分布において大変守備範囲の広い学問・診療分野です.今,日本は高齢化社会に向かっている一方で,老若男女問わず誰もがスポーツ活動を通じて健康増進を図っている状況であり,運動器医療に対する注目度は高まっています.
病院やクリニックを受診する愁訴は,男性では一位が腰痛,二位が肩こり,三位が咳や痰などの呼吸器症状,女性においては,一位が肩こり,二位が腰痛,三位が関節痛となっています.今後さらに,整形外科医のニーズは高まります.整形外科疾患は,他科と競合する部分がほとんどないことも特徴の一つです(おなかが痛くて内科,小児科,外科へ行くことはあっても,骨折や捻挫で整形外科以外の科へ行くことはまずありません).運動器医療に興味があり,この分野で社会貢献をしたい方は是非,金沢大学整形外科へ見学に来てください.整形外科では,患者の皆さんが元気に治っていくのが特徴で,病棟も外来も,医師もナースも大変明るく前向きです.また,我々がどのようなvisionに基づいてどのような研究や治療を行っているかは,このホームページを参考にしてもらえれば幸いです.常に,医学医療は最先端を,教育に関しては未来の整形外科を担う医師の育成を目指しています.

 さて,医学生諸君に何かの参考にしてもらいたく,少し自分の経験を述べてみます.私は,学都金沢に憧れ,昭和52年金沢大学医学部に入学致しました.群馬県桐生市の出身です.学生時代は弥生にある金沢大学の学生寮である北溟寮で充実した6年間を過ごしました.当時医学生は,最初の2年間を金沢城内にあった教養部で過ごし,その後4年間,現在医学類のある宝町キャンパスで基礎医学および臨床医学を学びました.勉学にいそしむ傍ら,水泳や野球と読書に没頭していました.名作と呼ばれる国内外の作品はもちろんのこと,医学や医療を題材とした,渡辺淳一,クローニンや山崎豊子の作品あるいは有名な医学研究者の自伝やドキュメンタリーには深い感銘を受けました.今思い起こしますと,これらが,医学への精進と貢献,病者への献身と奉仕という理念のもと,最良の医療を目指す姿勢を培ってくれたのだと思います.
教育というのは「人間形成」です.医学生の皆さんにおいては,是非医学以外にもいろいろな興味を持ち,ヒトとしての幅を広げていただきたいと思います.私は,臨床科目である“整形外科”を担当していますが,整形外科学は教科書で学べます.しかし,整形外科医療は,教科書だけでは全くもって不十分です.医療においては,知力,技術力,体力,コミュニケーション力,思いやりの心,咄嗟の判断力など種々の実践力が必要です.そのためにも,医学生の6年間さらに医師になってからも,幅広い領域でいろいろなものを吸収しておくと良いでしょう.

 最後になりますが,医学教育,研究,診療を通じて金沢大学整形外科の更なる発展を目指して,全力で取り組んでいます.一人でも多くの若き精鋭たちが我々の仲間になることをせつに願っています.

No guts, no glory!

金沢大学整形外科 主任教授 土屋弘行

医局長からのメッセージ

「明るく、楽しく、元気が出る教室、それが金沢大学整形外科です!」

金沢大学整形外科 医局長 林 克洋

 金沢での研修を考えている学生の皆さん、研修後の進路を迷っている皆さん、金沢大学整形外科は「明るく、楽しく、元気が出る教室」をモットーに教室運営を行っています。整形外科は、診断から治療、そして社会復帰のためのリハビリテーションまで一貫して行うことが可能な領域で、他科にみられない多くの魅力が一杯あります。ここでは整形外科、そして金沢大学整形外科の魅力についてご紹介したいと思います。

整形外科の魅力

・全身の多くの部分をカバーし、専門領域が多彩な整形外科

 まず運動器全般を扱う整形外科は、頭から下の、内臓を除いた部分をすべて扱う守備範囲の広い科です。当然専門領域も関節外科(肩、肘、膝、股)、スポーツ整形外科、脊椎外科、手の外科、足の外科、リウマチ外科、骨軟部腫瘍、小児整形、外傷骨折など多岐にわたっています。またそれぞれの分野の中で扱う疾患も炎症、外傷、変性疾患、腫瘍、など多様です。また整形外科にはマイクロサージャリー、人工関節、内視鏡、脊椎外科などの特殊なスキルもあり、これらを身に付ける事が出来れば、今後の医師人生を送るにあたって大きな武器となります。これらのどの専門領域へ進むかは学生時代や研修初期に決める必要は全くありません。整形外科全般を研修していく中で、強く惹かれるようになる分野が必ず出てきます。それから自分の進むべき道を決めればよいのです。努力すれば、誰にでもその分野の一流になるチャンスがあります。

・QOLの向上を目的とした整形外科

 整形外科の疾患の多くは、疼痛や機能障害であるため、QOLの向上がその治療の中心となります。また治療前後の結果がはっきりしています。治療手段が簡単な注射であれ、難しい手術であれ、それらの症状を改善することにより大変喜ばれます。医師になると、自分の治療によって患者さんがよくなって感謝されたとき、本当に喜びを感じ、さらなる仕事へのモチベーションにつながります。また、スポーツ整形外科などを代表する分野は比較的若く、活動性の高い患者さんも多く、病棟内の雰囲気も明るいことが多いのも特徴のひとつです。

金沢大学整形外科学教室の魅力

・世界的に評価を受けている独創性の高い治療

 金沢大学整形外科には、北陸にとどまらず、全国から多数の患者さんが紹介受診されます。またあらゆる分野で質の高い研究を行っており世界的にも有名な整形外科教室の一つです。その理由の一つとして、当教室は以前より国際的に通用するオリジナリティーの高い治療の開発を数多く行ってきたことにあります。新しい治療法を開発し、実現していくのは決してたやすいものではありません。しかし多くの困難を乗り越え、先代の富田教授が確立された「腫瘍脊椎骨全摘術:Total en bloc spondylectomy」、当科独自に開発しT-sawを用いた数多くの新しい脊椎手術手技、そして土屋教授が確立された「仮骨延長術を用いた悪性骨腫瘍再建術」などは、極めて画期的な治療方法として国際的な評価を受けています。

・国際色豊かで明るい教室

 上述した業績により、国内にとどまらず海外からも多くの手術見学、留学希望が後を絶ちません。そのため教室内は常時数人以上の国内外からの留学生が在籍しており、また見学に訪れた海外の著名Drのミニレクチャーを海外学会に参加せずとも間近で聞けるチャンスがあります。また当教室からも国内外へ留学、研修を行っており、他施設との交流も深めています。(最近の海外留学、国内研修の紹介はこちら。)また当整形外科教室の雰囲気を経験された方はご存知かとは思いますが、医局員はみな明るく、一体感をもって仕事に取り組んでいます。カンファレンス内での短い報告ひとつをとっても、必ず何かしらのネタを盛り込んで話をしますので、和気あいあいとした雰囲気の中、活発な意見交換を行っています。

・教育に対する熱意に溢れた指導医、若手から活躍の場

 整形外科は、診断から治療まで一貫して行うことができるのも魅力の一つです。当教室では関連病院も含めて熱意に溢れた指導医のもと、若手医師の時期から骨折外傷などの手術治療を積極的に行って頂く方針で、その後専門性の高い手技を身に着けていきます。外傷の治療は整形外科医としての基本となりますが、この分野ひとつをとっても比較的簡単なものから難しいものまであり、非常に奥深いです。また専門性・難易度の高いものに関しても上級医のアドバイスを得ながら治療を進めていきます。実際の現場を体験するとわかりますが、交通事故等の救急外傷はかなりの部分を整形外科領域がカバーしています。それは同時に忙しいということを意味しますが、若いうちに多くの経験を積むことが技術習得の近道となります。整形外科の道を選んだ場合、卒後6年目で専門医の資格を目指すことになりますが、その頃には外来や救急外来でどんな患者さんが来ても怖くなくなります。

・豊富な関連病院、今後も増えつづける需要

 金沢大学整形外科は、北陸を中心に60を超える主要病院が関連病院となっています。また国内出向も含め都市圏にも複数の関連病院を有しており、北陸の3県立病院を含む大病院から専門領域に特化した複数の病院まで様々な施設での研修が可能で、すべての整形外科疾患を偏りなく経験することができます。整形外科医の病院内での貢献度は高いため、大小かかわらず、どの施設でも整形外科医の需要は高い状態が続いています。このため将来的に北陸での主要病院での勤務を検討されている方には大きなアドバンテージとなります。また当教室では女性医師の先生方もコンスタントに入局・勤務しており、最近では医局勧誘と称した女子会も開かれております。また出産、育児中の女性医師の先生に対しても、非常勤などで外来診療中心に活躍可能なフレキシブルな対応を行っております。

以上、金沢大学整形外科の魅力について書いてみました。
実際の雰囲気は“百聞は一見に如かず”です。是非に見学に来て、体験してみてください。そして一緒に明るく、楽しく、元気が出る教室を作っていきましょう。