研修実績

スーパーローテート開始後の入局者数実績

年度 入局者(人)
令和3年 9
令和2年 10
平成31年 9
平成30年 6
平成29年 10
平成28年 8
平成27年 6
平成26年 7
平成25年 10
平成24年 10
平成23年 10
平成22年 12
平成21年 4
平成20年 8
平成19年 6
平成18年 8

新入医局員紹介

令和3年研修終了

西村 愛世

西村 愛世(NISHIMURA Manase)
卒業大学:金沢大学
卒業年:平成31年

 この度,金沢大学整形外科に入局させていただきます,西村愛世と申します.
 出身は東京都にある暁星中学・高校ですが,生まれは福井県で幼少期を富山県,鹿児島県で過ごしました.
 小学校からサッカーをしており,父親が医師であったことからスポーツドクターに興味を持ったのが医学部を志したきっかけでした.
 高校時代はサッカー漬けの日々で高校1年時には全国高校サッカー選手権に出場(自分はスタンドから応援でしたが)することができました.大好きなサッカーに明け暮れていたところ,気がついたら受験期であり医学部には入れず早稲田大学に進学.早稲田大学に入学後は様々な出会いがあり,再度医学部への進学を志し,金沢大学へ入学しました.
 金沢大学に入学してから卒業するまで整形外科医になりたいという思いに変わりはなく,金沢大学整形外科の医局の雰囲気,論文や学会発表の数々の業績,先生方の人柄・仕事に対する熱意に惹かれ入局を決めました.
 好きな言葉に “故きを温ねて新しきを知る(温故知新)”があります.これまでの先人の教えに新しい知識を加えることで医学は進歩してきました.令和になって最初の入局になり,まだまだ未熟者ではありますが,自分なりに日々考えながら目の前の患者と真摯に向き合っていきますので,今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします.


岸田 晟利

岸田 晟利(KISHIDA Masamichi)
卒業大学:金沢大学
卒業年:平成31年

 この度金沢大学整形外科に入局させて頂きました岸田晟利と申します.
 出身は石川県小松市,出身高校は県立小松高校です.大学も金沢大学であるだけでなく,地域枠での入学であり,海外はもとより,県外進出すらいまだありません.
 学生生活を通してスポーツとの関わりは大きく,中学・大学と計9年間柔道を,高校での3年間は小松市木場潟でカヌー競技に励み,スポーツから多くのことを学びました.
 もともと私は外傷に興味があり,医学部入学時よりなんとなく「整形外科医になろうかな」と考えておりましたが,大学での講義・実習を通して整形外科という分野の奥深さ,そして裾野の広さを肌で感じました.また,大学柔道部において5年次に立て続けて右環指,右肘の怪我を負い,先生方に大変お世話になったことも相まってその志望は確固たるものとなり,卒業を待たずして金沢大学整形外科への入局を決定しました.
 初期研修を終え専攻医としての日々がスタートしましたが,初めての外来診療で押し寄せる患者さんの波に揉まれ四苦八苦しながら,整形外科医としての基礎を積み上げている途上です.まだまだ一人前には程遠く,ご迷惑をおかけすることも多分にあるかと存じますが,皆様にご指導頂きながら日々成長していく所存ですので,今後とも何卒ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます.


前田 麟

前田 麟(MAEDA Rin)
卒業大学:金沢大学
卒業年:平成31年

 この度, 金沢大学整形外科に入局させて頂きました,前田麟(まえだりん)と申します.「 麟」と書けないと言われることの多い名前ですが, 呼ぶのは簡単ですので是非覚えて頂けると幸いです.
 生まれは岐阜県大垣市で, 中学・高校と愛媛県松山市にある愛光学園に通っておりました. 6年間の寮生活では楽しい事や辛い事, 様々な事を経験することができ, 今の私の性格や価値観を形成した大切な時間でした. 12歳から親元を離れた生活をさせて下さった両親には今も感謝しております.
 その後金沢大学へ進み, 特に医者になってやりたい事などありませんでしたが, 実習中に大学や関連病院にいらっしゃる先生方の雰囲気や, 仕事に向き合う姿勢など, 惹かれる部分が多々あり入局を決めさせて頂きました.
 厚生連高岡病院での初期研修では, 鳥畠先生をはじめとする多くの先生方にご指導いただきました. 実際に症例に携わり, 勉強することで次々に興味が生まれ, とても奥深い学問であると感じると同時に, 整形外科を選択して本当によかったと思いました.
 最後にはなりますが, 地に足つけて日々精進して参りますので, 今後ともご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます.


河合 慈

河合 慈(KAWAI Megumu)
卒業大学:金沢大学
卒業年:平成31年

 今年度より入局させていただくこととなりました,河合 慈と申します.
 一年上,二年上の河合先生に続いて,三人連続での入局となり,その最後の河合となります.下の名前は「めぐむ」と読みます.予測変換で「じ」と打つと,先に「痔」が出がちなのがちょっとした悩みだったりします.
 学生時代はスキー部に所属しており,そして案の定いくつかケガも経験しております.私の経験したケガは左肩の脱臼骨折.保存療法となる程度の軽めのケガとはいえ,それがきっかけとなって,ほぼノーマークだった整形外科に絶大な興味を持つ事になり,「機能を再建する」という他の科にはなかなか無い魅力に取り憑かれることとなりました.6年間スキーをやって,「ロマンスの神様」とやらが僕に微笑むことは1度たりともありませんでしたが,自分の進路を確かに決めることが出来たかと思います.これがゲレンデマジックか!多分違います.
 私はスキー部出身者としては10数年ぶりの入局者となるようです.スキー部出身の先生方は皆輝かしい活躍をされており,私がその後輩として入局するのはなんだか恐れ多い気もしますが,まずは地道にコツコツと知識と経験を積み重ねて行きたいと思っております.
 最後になりましたが,今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします.


藤田 健太郎

藤田 健太郎(FUJITA Kentaro)
卒業大学:富山大学
卒業年:平成31年

 この度,金沢大学整形外科に入局させていただきました藤田健太郎と申します.高校までは金沢で過ごし,大学は富山大学へ進学し,故郷の金沢へ戻ってきました.
 父が整形外科医ということもあり,整形外科というワードは身近な存在でした.しかし,幼かった私は,何をする医者なのか皆目見当もつかず,率直に「変な名前だな,名前変わればいいのに」と感じたのを覚えています.その後,医学部に入学し整形外科分野を学ぶようになり,小児から高齢者までの幅広い年代における身体機能の回復,QOLの改善に携われる点に魅力を感じました.そして大学時代はテニスやロードバイクなどのスポーツに励んでいたこと,筋トレを趣味で行っていたことから,全身の筋骨格系に興味を持つようになりました.さらに学生実習や初期臨床研修を通して,膝や腰の不調を訴えていた患者さんが手術を受けたことで,回復し元気に退院していく姿に感動し,自分もその一翼を担いたいという気持ちが強くなっていきました.こうして気づけば,かつて「変な名前」だと思っていた整形外科の門を叩いておりました.
 4月から「自称」整形外科医として働かせていただいておりますが,自分の知識,経験不足に日々打ちひしがれております.しかし,周りの先生方や同期のみんなに支えられて,非常に充実した生活を過ごすことができています.一日一日を大切にし,少しでも昨日の自分を超えることをモットーに今後も精一杯精進して参りますので,ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます.


島野 隼

島野 隼(SHIMANO Jun)
卒業大学:金沢大学
卒業年:平成31年

 この度金沢大学整形外科に入局致しました,島野隼(しまのじゅん)と申します.
 私は生まれも育ちも金沢ですが,敦賀の祖父が整形外科の開業医であったため,その影響を受け,幼い頃から整形外科を身近に感じておりました.その医院はまもなく閉業し,跡地はファミリーマートになってしまいましたが,整形外科への憧れが捨てきれず,また大学や石川県立中央病院では同門の先生にご指導を賜り,私自身も同じ道を志そうと決意しました.
 整形外科の学問的な奥深さには驚くことばかりで,今まで曖昧だった知識が点と点で結びつく面白さを実感しています.また臨床現場においても,患者の背景や生活を医学的知見とフュージョンし,責任を持って診療に取り組むことの難しさを痛感し,毎日身の引き締まる思いです.
 最後に,まだまだ未熟ではありますが,日々学んだことを臨床や研究に還元し,整形外科の発展に貢献できるよう一歩ずつ前進していきたいと思います.今後とも変わらぬご指導,ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます.


藤木 大地

藤木 大地(FUJIKI Daichi)
卒業大学:北里大学
卒業年:平成31年

 この度,金沢大学整形外科に入局させていただきました,藤木大地と申します.ソウルオリンピック水泳金メダリストの「鈴木 大地」選手にちなみ名前をつけられました.
 高校生までは富山県で過ごし,大学生からは神奈川県で過ごし,研修医から北陸の地に再度戻ってきました.スポーツは観るのも行うのも好きで,幼稚園から小学生まで水泳を中学生時代はバドミントン,高校生では空手,大学ではゴルフと浅く広く取り組んでおりました.現在はゴルフとスポーツ観戦,適度な筋力トレーニングを趣味としております.
 中学生時代に右小指の骨折をしてしまい,同門の先生に治療されたことがきっかけで整形外科の分野に興味を持ちました.その影響もあってか,学生時代から整形外科に興味はもっており,関連病院である富山市民病院で整形外科を長く回らせていただきました.整形外科の現場や先生方の働きぶりを近くで見ることによって,尊敬と憧れを抱き入局を決めることとなりました.他の科や他大学の整形外科と迷っていた時期もありますが,たすきがけ研修での金沢大学整形外科の医局の先生の人柄や雰囲気の良さが決め手となりました.
 手術に参加や外来・診療をしてみると,学生時代の印象と違い,「整形外科」という学問はかなり深いことを実感しており,知識不足を痛感しております.毎日が勉強の日々で精一杯で先生方やコメディカルの方々,患者様には御迷惑をおかけすることが多いですが,一生懸命頑張り研鑽してまいりますので,今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます.一日でも早く一人前になれるように精進していきます.


中澤 祐介

中澤 祐介(NAKAZAWA Yusuke)
卒業大学:金沢大学
卒業年:平成31年

 この度金沢大学整形外科に入局させていただきました中澤祐介と申します.
 小学3年生の時に右大腿骨骨端線損傷を受傷した際,金沢大学の先生方に手術していただき,その後出現した変形に対しても2回の骨矯正術でお世話になりました.
 その後晴れて金沢大学に入学した時も,初期研修医2年目としてローテートさせていただいた時も,多くのご指導ご鞭撻を頂きました.
 このように人生の半分以上を先生方にお世話になって,今こうして入局の挨拶を書かせていただいております.金沢大学に入学したことを外来で土屋教授にご報告した際,「将来は整形外科かな」とおっしゃりましたが,今はただそのご慧眼に恐れ入るばかりです.
 整形外科に入局しようと思ったきっかけはいくつかありますが,その中の大きな一つが整形外科は,自分の足で好きなところに行けるようになる,その手伝いができる科であることです.僕は旅行が好きです.骨折して寝たきりだった分を十二分に取り返すぐらいにいろんなところに行ってきました.これからはいろんな方と,歩ける自由のうれしさを共有できたらと思います.
 昔から大変お世話になっておりますが,これからは少しでもその御恩をお返し出来るよう日々精進していく所存です.今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします.


鈴木 建翔

鈴木 建翔(SUZUKI Kensho)
卒業大学:金沢大学
卒業年:平成31年

 この度,金沢大学整形外科に入局させて頂くこととなりました鈴木建翔(すずきけんしょう)と申します.10代は愛知県あま市という,愛知県民にすらどこにあるかほとんど知られていない田舎で過ごしておりました.東海高校卒業後,金沢大学を経てそのまま北陸に残り,金沢医療センターにて2年間の初期研修を終え現在に至ります.
 私が整形外科を志したのは,学生時代に外来見学をさせていただいた際,患者さんが良くなって笑顔で病院を卒業しているところを見たことがきっかけでした.病気と長く付き合っていく科が多いなか,困っている患者さんの症状を良くして病院を卒業させることができる,整形外科のそんな一面がとても魅力的に感じました.また,忙しくても明るくエネルギッシュな諸先生方の姿をみて,いつしか私も整形外科医として働きたいと思うようになりました.
 整形外科を受診される患者さんの症状は多岐にわたり,日々自分で診療し治療方針を決定していく難しさを痛感しております.学ばなければいけないことが多すぎて毎日何時間あっても足りないくらいですが,その分大きなやりがいと面白さを感じています.まだまだ未熟者で至らぬ点が多々あると思いますが,精一杯頑張っていきますので,御指導御鞭撻のほど宜しくお願いいたします.