学会記 13th APMSTS in Okayama, Japan (森永 整)

2021年4月28日

 こんにちは。腫瘍班の森永整です。2021年4月21日から23日にかけて岡山で開催された、第13回APMSTS (Asia Pacific Musculoskeletal Tumor Society Meeting:アジア環太平洋骨軟部腫瘍学会)に参加しました。今回は岡山での開催とのことで、現地での参加を楽しみにしておりましたが、COVID-19の影響で現地とWebでのHybrid開催となり、我々はWebでのlive参加となりました。

 金沢大学からは計16演題 (Lecture 1, Oral 8, Poster 7)を発表しました。私は初の英語のOral presentationであったため、座長の先生からの質問に対してうまく返答できていたか不明です(笑)。金沢大学の先生方が海外の先生方とディスカッションをしている姿を拝見して、金沢大学整形外科の偉大さを改めて実感しました。COVID-19の猛威の中、世界とのつながりを認識できる貴重な経験でした。

 このような機会を与えて頂いた土屋教授をはじめ、同門の先生方に感謝申し上げます。今回の経験を今後の診療や研究に活かせるように精進致します。