がんロコモ

がんロコモとは

 “ロコモ”は、“ロコモティブシンドローム”の略である、運動器の障害のために移動機能の低下を来した状態である。“がんロコモ”は、“がんとロコモティブシンドローム”の略であり、がん自体あるいはがんの治療によって、骨・関節・筋肉・神経などの運動器の障害が起きて移動機能が低下した状態である。進行すると、日常生活が不自由になり、介護が必要になるリスクが高まる。

日本整形外科学会がんロコモ啓発ポスター

関連記事

  • 新たな挑戦-がんとロコモティブシンドローム-(CLINICIAN 2018年11・12月号より)
    土屋 弘行
    リンク先はこちら
  • がん闘病に必要な「動く力」(日本経済新聞, 2018/9/19)
    リンク先はこちら
  • もっと知ってほしいがんロコモ!
    森岡 秀夫 先生 (国立病院機構東京医療センター)
    (ジャパンキャンサーフォーラム (JCF) 2018, 2018/8/11)
    リンク先はこちら
  • がん患者の運動機能保持 整形外科学会が問題提起 (時事メディカル, 2018/10/8)
    リンク先はこちら