金沢大学附属病院 整形外科

ホーム > 教室紹介 > スポーツ整形外科班

スポーツ整形外科班

     
     
     
     
基礎研究
 
半月板再生
 以前は外傷による半月板断裂や加齢に伴う変性断裂に対しては、関節鏡を用いた部分切除~亜全摘術が行われていました。しかし、切除した半月板は元の形状に戻らず、長期間の経過で関節軟骨の損傷や、関節が変形する変形性関節症が生じる可能性高いことが問題となっています。そのため、近年では半月板機能の重要性が再確認されており、断裂半月板は可能な限り縫合し、温存する考えが広がってきています。しかし、断裂の形状によっては縫合が不可能な場合や、欠損が大きい場合はやむを得ず部分切除になるケースが少なくありません。また、半月板縫合後の再断裂など問題点が多いのが現状です。
 そこで当科では、ウサギの膝半月板を用いて欠損した半月板を再生する研究をしています。体内に多く存在する脂肪から、複数系統の細胞に分化できる能力(多分化能)と多分化能を維持できる能力(自己複製能)を持つ脂肪由来幹細胞を用いた半月板再生の研究をしています。
1.幹細胞のみで作成した三次元構造体を用いた再生
 ウサギの膝半月板に欠損部をつくり、欠損部に脂肪由来幹細胞のみで作成した三次元構造体を移植して半月板の再生が促進を試みています。まだ、動物実験のレベルですが、脂肪由来幹細胞の移植で半月板の再生が促進されることが証明され、すでに国内外の学会で発表しております。
   
2.幹細胞シート用いた再生
 ウサギの半月板に断裂部をつくり、脂肪由来幹細胞をシート状に加工した幹細胞シートを断裂部に移植した後に半月板を縫合します。幹細胞シートを移植することにより、縫合のみを行う場合より、癒合率が向上するかを動物実験で検証しています。
   
 
骨軟骨欠損部の再生
 外傷などにより膝関節の軟骨面に欠損が生じると自然修復ができず、長期間の経過で関節軟骨の損傷や、関節が変形する変形性関節症が生じる可能性高いため、しばしば手術が必要となります。剥がれた骨軟骨片を固定することが第一選択ですが、固定ができなければ普段使われない関節面より骨軟骨を採取して欠損部に移植する方法が一般的です。しかし、これらの手術は、術者の技量に依存する、軟骨表面の不整・間隙が残存する、欠損部が大きい場合は対応できないなど問題点が多いのが現状です。そこで当科では、ウサギの膝関節軟骨を用いて欠損した骨軟骨を再生する研究をしています。体内に多く存在する脂肪から、複数系統の細胞に分化できる能力(多分化能)と多分化能を維持できる能力(自己複製能)を持つ脂肪由来幹細胞を用いた再生の研究をしています。
 ウサギの膝関節に欠損部をつくり、欠損部に脂肪由来幹細胞のみで作成した三次元構造体を移植して骨軟骨の再生促進を試みています。まだ、動物実験のレベルですが、脂肪由来幹細胞の移植で骨軟骨の再生が促進されることが証明され、随時学会で発表する予定です。
   
 
腱・靭帯損傷治癒過程促進
 アキレス腱損傷マウスモデル、内側側副靱帯損傷ウサギモデルを使用して研究を行っています。損傷部の断端より“gel”が分泌され、張力を受けることにより腱・靭帯へと変化する性質を利用して、腱・靭帯再生の研究を東海大学医学部・工学部と共同で行っています。再生過程を詳細に解明し、腱・靭帯損傷への新たなアプローチを構築することを目的としています。
 
   
  牽引により出現した2本の腱  
 
臨床研究
 
スポーツ整形外科研究室では、以下の臨床研究を行っています。
膝前十字靭帯損傷の危険因子と損傷予防プログラムに関する研究
スポーツ傷害予防プログラム(FIFA The 11+)の科学的検証
オスグッド・シュラッター病の早期スポーツ復帰への試み
ポジトロン断層撮影法による骨格筋活動の観察
前十字靱帯再建術後に発生する膝前面部痛に関する調査
     
 
業績
 
英語論文(2010~2016)

2016年
Nakase J, Toratani T, Kosaka M, Ohashi Y, Numata H, Oshima T, Takata Y, Tsuchiya H.
Technique of anatomical single bundle ACL reconstruction with rounded rectangle femoral dilator.
Knee. 2016 Jan;23(1):91-6. PubMed PMID:26260242
 
Numata H, Nakase J, Inaki A, Mochizuki T, Oshima T, Takata Y, Kinuya S, Tsuchiya H.
Effects of the belt electrode skeletal muscle electrical stimulation system on lower extremity skeletal muscle activity: Evaluation using positron emission tomography.
J Orthop Sci. 2016 Jan;21(1):53-6. PubMed PMID:26755387
 
Kosaka M, Nakase J, Hayashi K, Tsuchiya H.
Adipose-Derived Regenerative Cells Promote Tendon-Bone Healing in a Rabbit Model.
Arthroscopy. 2016 Jan 11. pii: S0749-8063(15)00857-9. PubMed PMID:26755387
 
Oshima T, Nakase J, Numata H, Takata Y, Tsuchiya H.
Ultrasonography imaging of the anterolateral ligament using real-time virtual sonography.
Knee. 2016 Mar;23(2):198-202. PubMed PMID:26810600
 
Takata Y, Nakase J, Inaki A, Mochizuki T, Numata H, Oshima T, Kinuya S, Tsuchiya H.
Changes in muscle activity after performing the FIFA 11+ programme part 2 for 4 weeks.
J Sports Sci. 2016 Feb 25:1-7. PubMed PMID:26911842


2015年
Takata Y, Nakase J, Numata H, Oshima T, Tsuchiya H.
Repair and augmentation of a spontaneous patellar tendon rupture in a patient with Ehlers-Danlos syndrome: a case report.
Arch Orthop Trauma Surg. 2015 May;135(5):639-44. PubMed PMID:25701458
 
Goshima K, Kitaoka K, Nakase J, Tsuchiya H.
Rapid destruction of the humeral head caused by subchondral insufficiency fracture: a report of two cases.
Case Rep Orthop. 2015;2015:251696. PubMed PMID:25945271
 
Oshima T, Nakase J, Numata H, Takata Y, Tsuchiya H.
Common Peroneal Nerve Palsy with Multiple-Ligament Knee Injury and Distal Avulsion of the Biceps Femoris Tendon.
Case Rep Orthop. 2015;2015:306260. PubMed PMID:26064740
 
Nakase J, Goshima K, Numata H, Oshima T, Takata Y, Tsuchiya H.
Precise risk factors for Osgood-Schlatter disease.
Arch Orthop Trauma Surg. 2015 Sep;135(9):1277-81. PubMed PMID:26133498


2014年
Nakase J, Aiba T, Goshima K, Takahashi R, Toratani T, Kosaka M, Ohashi Y, Tsuchiya H.
Relationship between the skeletal maturation of the distal attachment of the patellar tendon and physical features in preadolescent male football players.
Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014 Jan;22(1):195-9. PubMed PMID:23263228
 
Nakase J, Kitaoka K, Toratani T, Kosaka M, Ohashi Y, Tsuchiya H.
Grafted tendon healing in femoral and tibial tunnels after anterior cruciate ligament reconstruction.
J Orthop Surg (Hong Kong). 2014 Apr;22(1):65-9. PubMed PMID:24781617


2013年
Nakase J, Inaki A, Mochizuki T, Toratani T, Kosaka M, Ohashi Y, Taki J, Yahata T, Kinuya S, Tsuchiya H.
Whole body muscle activity during the FIFA 11+ program evaluated by positron emission tomography.
PLoS One. 2013 Sep 16;8(9):e73898. PubMed PMID:24066082
 
Nakase J, Toratani T, Kosaka M, Ohashi Y, Tsuchiya H.
Roles of ACL remnants in knee stability.
Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2013 Sep;21(9):2101-6. PubMed PMID:23108682
 
Kosaka M, Nakase J, Takahashi R, Toratani T, Ohashi Y, Kitaoka K, Tsuchiya H.
Outcomes and failure factors in surgical treatment for osteochondritis dissecans of the capitellum.
J Pediatr Orthop. 2013 Oct-Nov;33(7):719-24. PubMed PMID:23774205
 
Kosaka M, Nakase J, Toratani T, Ohashi Y, Kitaoka K, Yamada H, Komura K, Nakamura S, Tsuchiya H.
Oblique coronal and oblique sagittal MRI for diagnosis of anterior cruciate ligament tears and evaluation of anterior cruciate ligament remnant tissue.
Knee. 2014 Jan;21(1):54-7. PubMed PMID:23707632


2012年
Nakase J, Tsuchiya H, Kitaoka K.
Contralateral anterior cruciate ligament injury after anterior cruciate ligament reconstruction: a case controlled study.
Sports Med Arthrosc Rehabil Ther Technol. 2012 Dec 10;4(1):46. PubMed PMID:23217112
 
Munehiro T, Kitaoka K, Ueda Y, Maruhashi Y, Tsuchiya H.
Establishment of an animal model for delayed-onset muscle soreness after high-intensity eccentric exercise and its application for investigating the efficacy of low-load eccentric training.
J Orthop Sci. 2012 May;17(3):244-52. Epub 2012 Mar 20.PubMed PMID:22431007
 
Goshima K, Nakase J, Xu Q, Matsumoto K, Tsuchiya H.
Repair of segmental bone defects in rabbit tibia promoted by a complex of β-tricalcium phosphate and hepatocyte growth factor.
J Orthop Sci. 2012 Sep;17(5):639-48. Epub 2012 Jul 5. PubMed PMID:22763716


2011年
Ueshima K, Kitaoka K, Nakase J, Xu Q, Matsumoto K, Tsuchiya H.
Promotion of rabbit ligament healing by local delivery of hepatocyte growth factor.
J Orthop Sci. 2011 Jul;16(4):451-7. Epub 2011 May 25. PubMed PMID:21611801

2010年
Arthroscopic resection of a bucket handle tear of the meniscus: a technical note.
Nakase J, Kitaoka K, Tsuchiya H.
J Orthop Surg (Hong Kong). 18: 378-81, 2010.
PMID:21187557

Facilitated tendon-bone healing by local delivery of recombinant hepatocyte growth factor in rabbits.
Nakase J, Kitaoka K, Matsumoto K, Tomita K.
Arthroscopy. 2010 Jan;26(1):84-90.
PMID: 20117631.