金沢大学附属病院 整形外科

ホーム > 教室紹介 > 手の外科班

手の外科班

     
     
     
     
研究
 
手の外科班では、多田助教と山本医員の2名で臨床、研究、教育に取り組んでいます。

 臨床では人体で最も精密な器官である「手」の疾患を中心に扱っています。手の創傷や脱臼・骨折、ばね指などの腱鞘炎、手根管症候群、肘部管症候群など手指のしびれを生じる絞扼性神経障害、手指の変形性関節症、リウマチに伴う手の変形や腱断裂など、手の外科班が対象とする疾患は多岐に渡りますが、各々の疾患に対して最善の治療が行えるように、日々研鑽しています。また、手の外科班では欠損した軟部組織や骨などを再建する組織再建術にも積極的に取り組んでおり、拡大鏡や手術用顕微鏡を積極的に活用し、骨だけではなく、皮膚や脂肪、筋肉、腱、神経、血管などの軟部組織に関してもきめ細やかに配慮した治療を心がけています。医学は日進月歩の世界ですが、学内ではカンファレンスや抄読会を行い、学外では国内外の学術集会や勉強会に参加することで、常に最新の知識を持ち治療に望める体制を整えています。
 また、臨床における問題点を解決するための研究を随時行っています。現在は脂肪幹細胞を用いた神経再生の研究(研究1、2)や、神経の癒着予防に関する研究(研究3)などを行っています。また、手関節のバイオメカニクスの研究(研究4)を金沢大学工学部や保健学科の先生方と共同で行っています。その他、骨折の治療成績や合併症に関する研究、変形性関節症に関する研究などを、他施設と共同で進めています。
「手」は小さな器官ですが、まだまだ検討すべき問題が残っているのは間違いありません。先人の業績にあぐらをかくことなく、常に最善の治療とは何かを追求していきたいと考えています。
     
 
(研究1)分化誘導を行った脂肪由来幹細胞による末梢神経再生

 我々は2011年より脂肪由来幹細胞(Adipose derived stem cells: ADSCs)とtubulizationの原理を用いた末梢神経再生の研究を行ってきた。これまでの研究でADSCsは末梢神経再生を促進する可能性があることが分っている。しかし、従来臨床で行われている自家神経移植術には及ばないことも事実である。そこでさらなる再生促進を目的として、現在ADSCsをSchwann cell-like cellsへ分化誘導し、人工神経とハイブリッド化することで、末梢神経再生がいかに影響を受けるか検討を行っている。
   
  Schwann細胞marker(S100)による免疫蛍光染色  
   
  Neurofilamentに対する免疫蛍光染色を用いた軸索伸長の評価  
 
(研究2)ADSCsシートを用いたハイブリッド型人工神経に関する研究

 生体吸収性チューブとADSCsを組み合わせたハイブリッド型人工神経の研究の延長として、ADSCsで作成した細胞シートにより、さらに神経再生能を促進させることを検討しています。ラットの坐骨神経欠損モデルを用いて、ADSCsシートを挿入した生体吸収性チューブで架橋した群を作製し、組織学的所見、免疫染色所見などを評価しています。
   
  細胞シートを充填したハイブリッド型人工神経  
 
(研究3)手根管内における神経の癒着予防に関する研究

 手根管症候群を初めとする絞扼性神経障害や外傷に伴う末梢神経損傷の治療に際しては神経の癒着が問題となることが多い。特に手根管症候群の再発例においては神経が高度に癒着し、剥離が極めて困難となる場合がある。そこで我々はラビットの手根管内で神経を癒着させるモデルを考案し、神経の癒着に関して検討している。
 日本白色家兎の右手掌部に切開を加え、顕微鏡下に横手根靱帯を展開し切離した。正中神経を剥離した後、横手根靱帯を縫合して修復し、皮膚を連続縫合して閉創した(癒着群)。左手掌部は無処置とした(対照群)。上記処置の3週間、6週間後に電気生理学的評価として母指球筋から導出した複合筋肉活動電位を評価した後、手根管内の組織を一塊にして摘出し、縦断像の病理所見についてHE染色を行い評価した。
 電気生理学的には、3週間後の潜時、振幅共に有意差を認めた。一方、6週間後には有意差を認めなかった。病理学的には癒着群において、神経周囲の脂肪組織の減少と膠原線維の増生を認めた。また神経束間には瘢痕組織の形成が認められ、一部は神経外から連続していた。
 神経を癒着させるモデルとして坐骨神経癒着モデルが数多くの研究で応用されているが、我々は手根管症候群の術後状態を模したモデルとして本モデルを考案した。その結果、神経周囲の組織に加え神経束間にも変化を認める高度な癒着を作成することができた。現在、本モデルを用いて癒着を予防するための手技や製剤について検討中である。
   
  ラビットの手根管横断面  
 
(研究4)手関節の牽引が掌背屈運動に与える影響について

 当科では橈骨遠位端骨折例などに対して手関節掌背屈の他動可動域訓練を行う際に、関節周囲の軟部組織を伸張することで可動域の拡大が得られると考え、手関節に若干の牽引を加えている。しかし、牽引が手関節掌背屈運動に与える影響については報告が少ない。そこで我々は、牽引が生体の橈骨手根関節および手根中央関節の運動に与える影響を手関節動態撮影により評価したので報告する。
 手関節に異常を認めない20~30代の健常成人男性20名20手を対象とした。同一検者が被検者の手部および前腕部を把持し、手関節60度掌屈位から60度背屈位までを10秒間で、非牽引下および牽引下に他動運動させて動態撮影を行った。なお、牽引力を3kgに統一するため、手秤で牽引力を確認した後に撮影を行った。得られた20手のデータから手関節の角度を横軸に、橈骨手根関節および手根中央関節の角度を縦軸にしたグラフを作成した。次に各例のグラフから掌屈および背屈時における回帰直線を求め、非牽引下と牽引下の回帰直線の傾きについて検定した。
 橈骨手根関節においては、掌屈時も背屈時も牽引下においては非牽引下に比べ回帰直線の傾きが有意に増加していた。逆に手根中央関節においては、掌屈時も背屈時も牽引下において傾きが有意に減少していた。すなわち手関節に牽引を加えることで、手根中央関節に対し橈骨手根関節の運動角度が大きくなることが判明した。
 本研究の結果から、牽引を行う事で病態に応じた可動域訓練を施行することが可能になったと言える。例えば、橈骨遠位端骨折例においては橈骨手根関節内の瘢痕形成が問題となり得るため、牽引下の可動域訓練がより有効であると考えられる。牽引下の手関節掌背屈運動は、手根中央関節を優位に運動させるとされる「ダーツスロー運動」と共に、手関節の可動域訓練において有効な手技となることが期待される。
 
     
 
業績
 
英語論文(2005~2016)

2016年
Tada K, Yamamoto D, Nakajima T, Suganuma S, Tsuchiya H
Arthrorisis for ulnar nerve palsy due to hyperextension of the elbow joint: A case report
J Shoulder Elbow Surg, 2016. (in press)
 
Yamamoto D, Yamauchi D, Tsuchiya H.
Intraneural lipoma of the posterior interosseous nerve.
J Hand Surg Eur, 2016. (in press)

2015年
Tada K, Ikeda K, Okamoto S, Hachinota A, Yamamoto D, Tsuchiya H.
Scaphoid Fracture - Overview and Conservative Treatment.
Hand Surg 20: 204-209, 2015.
 
Tada K, Kawashima H, Horie K, Sanada S, Nishimura S, Tsuchiya H
An in vivo study of dynamic effects of wrist traction on the radiolunate and capitolunate joints
Hand Therapy 20: 49-55, 2015.
 
Tada K, Okamoto S, Hachinota A, Yamamoto D, Yasutake H, Gonoji Y, Tokuumi Y, Tsuchiya H
Antibacterial and deodorizing effects of processed stockinet for cast immobilization
AATCC Journal of Research 5: 8-10, 2015.

Tada K, Kawashima H, Horie K, Sanada S, Nishimura S, Tsuchiya H
An in vivo study of dynamic effects of wrist traction on the radiolunate and capitolunate joints
Hand Therapy 2015: in press
 
Tada K, Ikeda K, Okamoto S, Hachinota A, Yamamoto D, Tsuchiya H
Scaphoid fracture -overview and conservative treatment-
Journal of Hand Surgery Asia Pacific Volume 2015: in press
 
Tada K, Okamoto S, Hachinota A, Yamamoto D, Yasutake H, Gonoji Y, Tokuumi Y, Tsuchiya H
Antibacterial and deodorizing effects of processed stockinet for cast immobilization
AATCC Journal of research 2015: in press

2014年
Okamoto S, Tada K, Hachinota A, Tsuchiya H
Flexor carpi ulnaris muscle flap for soft tissue reconstruction after total elbow arthroplasty.
Case Rep Surg 2014: 798506
 
Kawashima H, Tada K, Suganuma S, Tsuchiya H, Sanada S
Wrist rhythm during wrist joint motion evaluated by dynamic radiography.
Hand Surg 19: 343-347, 2014.

Suganuma S, Tada K, Tsuchiya H
Reducing the risk of flexor pollicis longus tendon rupture after volar plate fixation for distal radius fractures: Validation of the tendon irritation test.
Eur J Orthop Surg Traumatol. 2014 (in press)

2013年
Suganuma S, Tada K, Yamamoto N, Shirai T, Hayashi K, Takeuchi A, Tsuchiya H. Reconstruction using a free vascularized fibular graft after frozen autograft reconstruction for osteosarcoma of the distal tibia: a case report.
Modern Plastic Surgery. 3:47-50, 2013.

Tada K, Ikeda K, Suganuma S, Segawa T, Tsuchiya H
Two cases of fibrolipomatous hamartoma of the median nerve: long-term results of carpal tunnel release.
Chirurgia. 26: 141-143, 2013

Suganuma S, Tada K, Hayashi K, Takeuchi A, Sugimoto N, Ikeda K, Tsuchiya H
Uncultured adipose-derived regenerative cells promote peripheral nerve regeneration.
J Orthop Sci. 18: 145-154, 2013.

Tada K, Suganuma S, Segawa T, Asada N, Tsuchiya H
Keloid formation after trigger finger release: a case report.
J Plast Reconstr Aesthet Surg. 66: 864-866, 2013.

2012年
Suganuma S, Tada K, Hayashi H, Segawa T, Tsuchiya H
Ulnar nerve palsy associated with closed midshaft forearm fractures.
Orthopedics. 35: e1680-1683, 2012.

2011年
Tada K, Ikeda K, Shigemoto K, Suganuma S, Tsuchiya H
Prevention of flexor pollicis longus tendon rupture after volar plate fixation of distal radius fractures.
Hand Surg. 16: 271-275, 2011.

Suganuma S, Tada K, Tsuchiya H.
Giant extraskeletal chondroma of the index finger: A case report.
J Plast Reconstr Aesthet Surg. 64: 1377-1379, 2011.

2010年
Ishiguro M, Ikeda K, Tomita K.
Effect of near-infrared light-emitting diodes on nerve regeneration.
J Orthop Sci. 2010 Mar;15(2):233-9. Epub 2010 Apr 1.PMID: 20358337.

Komine N, Ikeda K, Tada K, Hashimoto N, Sugimoto N, Tomita K.
Activation of the extracellular signal-regulated kinase signal pathway by light emitting diode irradiation.
Lasers Med Sci. 2010 Jul;25(4):531-7. Epub 2010 Feb 17.PMID: 20162318. [PubMed - in process]Related citations

Tada K, Ikeda K, Tomita K.
Malunion of fractures of the proximal phalangeal neck in children.
Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg. 2010 Feb;44(1):69-71.PMID: 20158424.

Ito T, Ikeda K, Tomita K, Yokoyama S.
Interleukin-6 upregulates the expression of PMP22 in cultured rat Schwann cells via a JAK2-dependent pathway.
Neurosci Lett. 2010 Mar 19;472(2):104-8. Epub 2010 Feb 1.PMID: 20122990.


2009年
Tsubouchi H, Ikeda K, Sugimoto N, Tomita K.
Local application of olprinone for promotion of peripheral nerve regeneration.
J Orthop Sci. 2009 Nov;14(6):801-10. Epub 2009 Dec 8.PMID: 19997829.

Tada K, Ikeda K, Tomita K.
Effect of polarized light emitting diode irradiation on wound healing.
J Trauma. 2009 Nov;67(5):1073-9.PMID: 19680158.

Tada K, Ikeda K, Tomita K.
Flexion contracture of the fingers caused by sarcoidosis: an 11-year follow-up.
Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg. 2009;43(3):171-3.PMID: 19401937.

2008年
Ikeda K, Osamura N, Tomita K.
Percutaneous screw fixation without bone graft for cystic-type scaphoid fractures.
J Trauma. 2008 Dec;65(6):1453-8.PMID: 19077641.

Tada K, Ikeda K, Tsubouchi H, Tomita K.
Acute plastic bowing of the forearm in adults: a report of two cases.
J Orthop Surg (Hong Kong). 2008 Aug;16(2):241-2.PMID: 18725680.

2007年
Yamauchi D, Ikeda K, Tomita K, Amaya S.
Proximal interphalangeal joint silicone arthroplasty for posttraumatic arthritis.
J Orthop Sci. 2007 Sep;12(5):493-6. Epub 2007 Sep 28. No abstract available. PMID: 17909936.

Ikeda K, Osamura N, Tomita K.
Giant cell tumour in the tendon sheath of the hand: importance of the type of lesion.
Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg. 2007;41(3):138-42.PMID: 17486520.

2006年
Ikeda K, Osamura N, Tomita K.
Segmental carpal canal pressure in patients with carpal tunnel syndrome.
J Hand Surg Am. 2006 Jul-Aug;31(6):925-9.PMID: 16843151.

2005年
Hagiwara N, Ikeda K, Higashida H, Tomita K, Yokoyama S.
Induction of tumor necrosis factor-alpha in Schwann cells after gradual elongation of rat sciatic nerve.
J Orthop Sci. 2005 Nov;10(6):614-21.PMID: 16307187.

Ikeda K, Hagiwara N, Funaki K, Tomita K, Sudo Y.
Nodular fasciitis of the ulnar nerve at the palm.
Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg. 2005;39(4):249-51.PMID: 16211695.

Ikeda K, Osamura N, Hashimoto N, Funaki K, Tomita K.
Conversion disorder: four case reports concerning motor disorder symptoms.
J Orthop Sci. 2005 May;10(3):324-7. No abstract available. PMID: 15928898.

Osamura N, Ikeda K, Ito T, Higashida H, Tomita K, Yokoyama S.
Induction of interleukin-6 in dorsal root ganglion neurons after gradual elongation of rat sciatic nerve.
Exp Neurol. 2005 Sep;195(1):61-70.PMID: 15913608.