金沢大学附属病院 整形外科

ホーム > 金沢大学整形外科を体験しよう! > 世界のTESをじかに見てみよう

世界のTESをじかに見てみよう

2011年の米国整形外科学会、Guest Nationである日本の整形外科を紹介するスライドにおいて、世界に誇る日本発の手術として紹介された腫瘍脊椎骨全摘術(Total en bloc spondylectomy:TES)。この手術は、1989年に当時の富田勝郎教授によって考案され、現在まで当院において約300例に実施されている。手術見学者は後を絶たず(平成24年度は国内から15名、海外から6名)、今まで東大、京大病院をはじめ出張手術も数多く実施してきた。きみも"Kanazawa Pride"を体験してみよう!