金沢大学附属病院 整形外科

ホーム > 金沢大学整形外科を体験しよう! > 国際色豊かな医局

国際色豊かな医局

国際色豊かな医局で世界を目指せ!

金沢大学整形外科は、これまでに多くの革新的な治療を開発し(カフェイン併用化学療法、液体窒素処理自家骨移植術、脊椎全摘出術、ヨードコーティングインプラントなど)、世界に発信してきました。そのために、海外の医師たちとの交流も盛んです。教室には、これらの治療を直に学ぶために国内のみならず多くの外国の医師たちが勉強に訪れます。我々医局員は、当教室で開発した治療が世界で高い評価を得ていることを実感することができます。また、国際学会に参加する機会も多く、外国の医師とディスカッションするのもごく普通のことになってきます。2017年には国際患肢温存外科学会を金沢で開催することが決まっています。
   
     
 
さらに、我々が海外に留学する機会も豊富にあります。それは、当室科に対する評価が高いために、快く受け入れてくれる施設が多いためでもあります。このように、金沢大学整形外科は、日本の中でも最も盛んに世界に向けて自分たちの治療・研究を発信し続けている教室です。日本のみならず世界という舞台で勝負をしたい志を持ったあなたには、最高の環境です。